イオマツ日記

イオマツの日記

20220903:ボクシング個人メモ

この日は久しぶりにボクシングジムに行きました。

だいたい1ヶ月ぶり。

ここまであいた理由は、家族がコロナ感染したのである。

加え、自分は3回目ワクチン接種をしていたのである。絶妙な時期に被るな。

ワクチン接種後で時間を開けてたら、家族の感染でまた時間を開ける羽目になったのですな。

 

で、身体の調子は当然イマイチなんですが、サンドバッグ打ち込み中、自分の身体の調子が明らかに変わるタイミングが合ったので、書き出しておく。

 

準備運動・ストレッチ:約10分

シャドーボクシング:2セット約7分

パンチングミット打ち:1セット約3分

ハンドミット打ち:2セット約7分

サンドバッグ打ち:計15セット約50分

締めのシャドーボクシング:1セット約3分

整理運動・ストレッチ:約10分

 

サンドバッグ1~3セット目。

パンチングミット打ち後に初めて、3セット目からだるさを感じ始める

 

ハンドミット打ち1回目。

トレーナー相手にダレるわけにはイカンので、まあまだ身体は動く。

 

サンドバッグ4~6セット目。

明らかに辛くなる。肩が上がらん。

 

ハンドミット打ち2回目。

ダレるわけにはいかないが、息は1回目よりあがる。腕の重さや肩の固さは我慢。

 

サンドバッグ7セット目。

10セットで切り上げたくなるくらい肩が重くなる。ただ10セットだとパンチ打った時間が1時間未満になるんだよなあ…

 

サンドバッグ8セット目。

続けるため肩を張らないよう意識する。肩を下ろすが、構えは下ろさない。力を入れないというよりは疲れで力が入らない。

 

サンドバッグ9セット目。

突然肩が軽くなる。パンチが機敏に出る。痛みがなくなる。ランナーズハイみたいな感じ。

 

サンドバッグ10~15セット目。

辛いという気持ちは薄れる。ただ、最初の重みや痛みを伴う疲れとは違う(形容できない)疲れが徐々に出てきたので、目標の15セットで切り上げる。

 

形容できない疲れが所謂気持ち良い疲れなんでしょうけれど、なんなんでしょうね。

なおキッチリ筋肉痛になった模様。6日現在は大丈夫です。