イオマツ日記

イオマツの日記

20220816:控え目にブロック権の話(8/18追記)

※2022/08/18追記:4Gamer.netの記事リンクを追加しました。また、今更ですが記事タイトルが20200816だったので、20220816に直しました。


イオマツ on Twitter: "俺もJUMP INするぞ~ https://t.co/iGB606Nu3O" / Twitter

Xbox SeriesSを使い始めて8ヶ月くらい経過しましたが、良いゲーム機ですね。

場所とらないし、静かで、ゲーパスも加わってSwitchじゃ足りないゲームを大まかに補ってくれる。

やはり唯一の問題はストレージ容量か…(拡張すると折角のサイズの小ささが台無しになるし)

 

さて、今、マイクロソフト(以下MS)が、Call of Duty(以下CoD)シリーズ等のタイトルを保有するアクティビジョン・ブリザード(以下AB)を買収する際に、競合するソニーが買収に反対しており、その内容にひと騒ぎ起きています。

 

折角Xbox使ってるんだから、気にしなきゃいけない話じゃないかと思い、自分の所感や参考にしたサイトを備忘録として控え目に書き残します。

 

経緯

まず、ニュースサイトなどで知った事を端的に並べます。

  • 2020年~:ABが従業員回りのトラブルでピンチ
  • 2022年1月~:MSがABの買収を発表
  • 2022年5月~:MSのAB買収が独占禁止法に触れないか現在審査中。ブラジルの経済擁護行政委員会(以下、CADE)でも審査開始。
  • CADEでの審査内容や各社の回答内容等の文書はここで公開されている。
  • 2022年7月:ソニーがMSのAB買収に対して『ABはCoDなど大型タイトルを多数保有している。特にCoDはファンも売上も非常に多いタイトルであり、CoDのためにゲーム機を選ぶほどだ。ライバルがいないと言えるくらいその規模と競合できるタイトルはない。』と文書を出す。(1084584のE-mail Sony (Resp. ao Of. 4108/2022 + procuração) が相当する内容)
  • 2022年8月:MSが『ソニーのプレステの販売戦略自体そもそも独占タイトルによるもの。MSのゲームパスにゲームを提供させないようにする等(ブロック権)して、デジタルゲーム配信のリーダーにいたソニーがABのCoD等のコンテンツを独占される可能性を懸念しているが、これは控えめに言っても支離滅裂だ。』と文書を出す。(1101592のE-mail Microsoft e Activision Blizzard (Manifestação)が相当する内容、特に23Pの60番)

 

現在の争点

  • ABのCoDに関してソニーは『替わりがないくらい、凄い強力なタイトル』とCADEに出した文書で伝えている。(これを理由の1つとして、MSのAB買収に待ったをかけている)
  • MSが『ソニーがタイトルの独占で市場で優位に立っている、ゲームパスに入れないようブロック権を行使している』等の内容をCADEに出した文書で伝えている。(このような契約・妨害が本当にあるのか?という話もるが、わざわざ買収に不利になるようなウソを提出する意味はない)

→この2点はCADEで既に出てる内容。

 

推論や所感

そして以下の内容は推論や所感である。

  • ABに結ばせていた契約内容を知られたくないから買収を止めようとしてるんじゃ?
  • ブロック権があるなら、既に現在のCoDの契約によるお金をソニーはABに払っていて、ABがMSに買収されるとそのお金が丸々MSのものになってしまうのでは?
  • このブロック権、文書に書かれている内容以上に強力でヤバい契約が他にもあるのでは?(※この点に関してそれを臭わせる文が出てはいるが、肝心な1次ソースを確認できないため、推測に留めておく。) 

 

さらに過去の所業から下記の疑念も出てくる。

  • そういや、カプコンの流出時にアンチゲームパス条項とかパリティ条項が話題になったな
  • 日本国内メーカーが作ったゲームが特定のハードだけ発売・配信されていなかったり、日本語訳や音声が無かったりするよね
  • 昔から特定タイトルは同世代機後発移植で追加要素あったりしたな
  • そもそもこう言うやり方、MSに限らず任天堂セガに対してもやってきた(やっている)んじゃ…?

 

これ等が積み重なって燻っているわけ。

 

国内大手ゲームメディアたちはほぼ黙り込み

※2022/08/18追記:4Gamer.netの記事リンクを追加し、見出しを「ほぼ」黙り込みに変更し、文章を追記しました。

国内の大手ゲームメディアたちが未だにこの件についてほぼ沈黙を貫いているところも、より不信感が募る。

4Gamer.netは明らかになったXboxOneの販売台数に関して報じる際にちょいとだけ触れている(8/17の記事)が、

ファミ通.com、電撃オンライン、電撃ニコファミゲーマー、これらサイトは『MSがABを買収することにした』記事は書いたのに、この件には触れていない。(2020年8月16日時点13時時点)

やはりというか、Xbox自体日本国内のユーザーが少なく話題になりにくく、PSユーザーからはこの件に関して見向きされないという状況で、国内ではなかなか話題になっていないようです。(海外は別)

 

参考にした日本語記事

一方で、この件を記事にしている国内ニュースサイトもあり、上記内容を書く際に参考にした日本語記事を置いておきます。

※2022/08/18追記:4Gamer.netの記事リンクを追加しました。

Gigazine

Microsoftが「ソニーはXbox Game Passからゲームを除外するために開発者に金銭を支払っている」と主張

2022年8月11日18時の記事。大体ここを参考にさせてもらいました。ブラジルのCADEによる審査プロセスはすべてオンライン上で公開されていることを記事で説明しリンクを貼っている点が良い。

 

☆Automaton

マイクロソフト、ソニーが特定ゲームのXbox Game Pass入り阻止のためにお金を払っていると主張。Activision Blizzard買収に反対するSIEへの反論の中で

2022年8月11日17:56に公開されてたAutomatonの記事。

概ねGigazineと内容は同じ…ですが『真偽は不明である』内容をわざわざ訴えとして出すかなあ?

 

☆GetnaviWeb

[https://getnavi.jp/gamehobby/774922/:title=マイクロソフトソニーXboxゲームパス妨害のため「ブロッキング代」を支払っていると主張!

独占契約に関する一例やPS側から見てCoDを取られると困るという話も付いている記事。比較的やさしめな論調。「ゲームのパブリッシングに関する契約は複雑になりがちで、公正か不公正かをたやすく判断はできません」「すっかりMSとソニー泥仕合になった印象」あたりは、執筆者から見てどっちもどっちと思っているように感じた。

 

☆ゲームスパーク

「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

2022年8月11日13時1分と日本語記事では一番早く公開されたのだが、一番疑問に残る記事。

まず、タイトル。AutomatonとGIGAZINEが「主張」と書いた内容にgamesparkは疑問詞をつけている。さらに「真贋」と続けている。

あまりにもMS側を疑いすぎである。だからわざわざ機関に提出する書類で自分が不利になることを書かないでしょう…

続けてCoDである。それ2月から言ってた話です。

で、内容。ブロック権(ブロッキング権)のことを「手放しで信じられるものでもありません」「一般的な契約でしかない可能性が十分にある」と推測で一蹴しながら、肝心な『そのような契約で独占を得て優位に立ってきたソニーがMSのAB買収による独占に突っ込める立場ではない』という話が抜けています。

ブロッキング権と一般的な契約を分けているようですが、ブロッキング権自体がその一般的な契約である可能性は…?

酷い言い方をすれば「そんなことよりCoDは今まで通りPSでも遊べるから!」と言わんばかりの記事に見えてしまいました。

ちなみにこの記事は同日2度記事を改稿して、現在のタイトルになっています。

元の記事タイトルは

XboxソニーがGame Passからゲームを排除するため“ブロッキング権”の代金を支払っていると主張―『CoD』を独占にしない理由も語られる』でした。

まず文書を出したのはマイクロソフトである。ゲーム機は文書を提出しない。

だからCoDのマルチを続ける話は今年2月から出ていた話だろう…

 

4Gamer.net

Xbox Oneの販売台数はPlayStation 4の半分以下。海外メディアが裁判資料を元に報じる

8月17日に公開された記事。

単独では『これまで非公開だったXboxOneの販売台数が、AB買収審査に関する文書のなかで明かになり、PS4の半分以下だった』という記事である。

たしかに、前世代でXboxがPSに差をつけられていたという主張はAB買収に伴う市場の独占にあたるかどうかを判断する材料の1つではあるが、お盆休み明けて、AB買収審査に関する資料見て作る記事がコレか…という印象だ。

AB買収審査に関する文書で問題視されているのは『ブロック権』に関する部分のはず。

それを『ブロック権』『ブロッキング権』という単語すら記事に採用せず、『(ブロック権に関する)主張は現段階でその真偽は不明』と本記事の最後についでばかりに触れている。

 

同じAB買収審査に関する資料を見て、販売台数は納得して記事にする一方で、国内でも上記サイトで触れてきたブロック権に関しては真偽不明(ここはゲムスパなどと同じ)で単独記事にすらしないのは、露骨に情報を選びすぎでしょう…。

 

この買収、俺はこうなれば良いな~と思う

ユーザー視点で控え目に言うと

  • MSがABを買収する事でゲーパスのソフトが増えたり、ブロック権を理由に提供されてこなかったソフトが出るなど、Xboxでも遊べるゲームタイトルが増えれば良い。
  • ソニーがブロック権などに使う費用をPSの他サービスの向上や自社スタジオのIPに費やしてPSプラットフォーム独自の優位点を増やすことに努めてくれれば良い。

ってことですかね。